デュエプレ カード リスト。 【デュエプレ】青黒デスモーリー・ループ(10連勝&マスター到達)|服部恵典|note

デュエプレ2弾カードリスト 収録全カードリストと評価

だが、マナコストが6と重くなった。 エレガント・ランプ アルオム(新規) ウォルタ キャンディ・ドロップ アクア・ハルカス カード評価 9. ミラーフォースドラゴン カード評価 7. あとこれはただの愚痴だが、デュエプレのランダムハンデスって必ずドローソース抜いていかないか??? 2ターン目の《ゴースト・タッチ》で《エナジー・ライト》が落ちた瞬間にやる気なくすんだけど。 効果を活かすには、特定の種族に絞ったデッキ構築が必要だ。 ここまで第3弾の注目カードを紹介してきました。 トリア 評価 7. 緑神龍グレガリゴン 評価 7. また、破壊にしか対応しておらず、耐性の範囲が狭いのも問題である。 ボルシャック・ドラゴン カード評価 7. S・トリガークリーチャー等でクリーチャーの数が増えてしまい、返しのターンで負けてしまうといったことを防ぐことができる。 油断できないクリーチャーである。

>

【デュエプレ】第7弾新パックの最新情報と公開済みカード一覧|独占公開カードあり

《ダーク・リバース》……《デスモーリー》を回すためのパーツ。 デュエプレ最新弾の単色カード編 続いて単色カード(レインボーカードではない従来の1文明カード)の紹介です。 ボルテール・ドラゴン 評価 6. ブロッカーであり、守りも出来て、S・トリガーを使われたらカードをドロー出来、更にパワーも5000と破格のスペックをもつ優良カードである。 第1弾カード「ボルメテウスホワイトドラゴン」「二角の超人」• アクア・バウンサー 評価 6. 《ミストリエス》と違って召喚ターンに手札をドローしやすい点が嬉しい。 クレーターザウルス カード評価 5. また、手札に戻すのでパワーも一切関係ないのも強みである。

>

【評価&リスト】デュエプレ第4弾『混沌の軍勢 REBELLION SYMPATHY』

日輪の守護者ソル・ガーラ 評価 7. 超神龍バイラス・テンペスト 評価 8. 撃墜団長メッツァー カード評価 7. ゴースト・タッチ ブラッディ・スレイヤー ダーク・リバース ファントム・バイツ デス・スモーク 死の宣告 デーモン・ハンド カード評価 9. TCG版では強力な効果を持っているが故に、進化元が3体必要と言った非常に召喚の手間がかかっていた超神星クリーチャーだが、デュエプレではどのように生まれ変わるのか。 非常に困難な召喚難度を誇る代わりに、GVを持つクリーチャーは強力な効果を備えている。 3マナ2000黒だと《ゼリー・ワーム》のほうがシンプルに強かった。 分解・生成はくれぐれも自己責任で。 この記事では、デュエプレの全カードの中から、生成を勧めたいカード・キープした方が良いカード・分解を勧めたいカードをリストアップした。

>

【デュエプレ】10月ランクマ~11月ランクマ環境考察

5マナと重いのもネック。 これでかなり《悪魔神バロム》が使いやすくなりました。 《プライマル・スクリーム》……当初は入れていたが、徐々に抜けていって結局0枚。 【おまけ】ロマンを感じる組み合わせのカードたち 最後に第3弾同士のカードでロマンある組み合わせとなるカードを以下で紹介します。 数だと1体多く手札に戻せるテレポーテーションがあり、うまく差別化したい。

>

デュエプレ第1弾「超獣の始動」収録カードリスト一覧と評価

《地獄の門版デスモーリー》……キーカード。 飛行男や汽車男といったパワー1000しかないクリーチャーも大型クリーチャーを倒すことができる。 また、軽量除去は《デスモーリー》との相性がよく、バウンスは《飛行男》などのハンデスと相性がいい。 また、クリスタル・ランサーやシールドトリガー呪文などが全体的にレアリティが底上げされている。 で、そんな彼のデュエプレでの姿。 また、この記事には文字数の関係で紹介しきれていないSRや優秀なカードも存在しますので、興味のわいた方は是非をチェックしてみて下さい。

>

【デュエプレ】青黒デスモーリー・ループ(10連勝&マスター到達)|服部恵典|note

イラストレーター 制作秘話リレー• 暗黒皇女メガリア 評価 8. ウェーブストライカーたちも登場! 炎舞闘士サピエント・アーク 星雲の精霊キルスティン ニンジャ・パンプジン リバイバル・ソルジャー 堅防の使徒アースラ 蛇口虫ラフレシア・ワーム 略奪悲報ジャギラ 血風神官フンヌー. ライトニング・チャージャー 評価 8. 「シザー愛」のような、勝つためのベストな構築を目指さない• そして、デュエプレのルール上どのデッキにも出張できるため、対策は必須である。 無双竜騎ボルバルザークの評価 0 紙の「デュエルマスターズ」ではある意味伝説となっていたあのボルバルザークが能力を変更されての登場となりました。 今後の自然文明主体の速攻デッキで活躍するだろう。 春風妖精ポップルのオマージュか。 《バロム》で死なない点も重要。

>

【デュエプレ】第5弾「永遠の戦渦

龍の呼び声 評価 7. ゼビメテウス 狩猟魚 アクア・ビークル カード評価 8. だったらセブコの方を実装して欲しかったと思わなくもないけど、まあデュエプレ的にはアクアンって名前が大事なんでしょう。 実際のパワーは最低限6000を誇るため、5コストクリーチャーとしては見た目以上に優秀なステータスとなる。 光器サーシャ 評価 6. 《電磁無頼アカシック・サード》以外のクリーチャーを高いマナ帯にすることで攻撃時にいきなり強いクリーチャーを出すといったことも考えられる。 ボルシャック・ルピア 評価 7. また複数体だしても効果が重複するためドラゴンを複数体出すことも可能になる。 シャン・ゼリー 評価 6. あの頃と同様、流行りのデッキで勝利するよりもオリジナリティを追求することに喜びを覚えるタイプなので、大した戦績は上げていないのだが、使用したデッキ 「デスモーリー・ループ」を紹介したい。 こちらは元々がパワー7000という点で差別化できる。 雪溶妖精シャーマン・メリッサ 評価 6. このクリーチャーが出せれても勝てる状態にしないとならないカードで実際、初期のDM全国大会ではこのカードを中心にしたデッキが環境を埋め尽くした。

>