フィッシュ ボーン カクタス。 ジグザグサボテンの成長記録! 動き始めたのは、ジグザグした部分ではなく、まったく新しい芽の出現だった!【oyageeの植物観察日記】

ジグザグカクタスに一目惚れ!ナウシカの森の多肉植物みたいでおしゃれ過ぎる!

サボテンではありますが、トゲはなく、人を傷つけない良いサボテンです。 grandiflorusの短刺タイプ。 花長は15~20cm。 セレニケレウスは、スペース的に行灯(あんどん)仕立てとするのが普通。 撮影には「Brinno TLC200」を使用。

>

フィッシュボーンカクタス(ジグザグサボテン)について。1週間ちょっと前に購入...

ベッドルームの窓際にハンギングしてる、 フィッシュボーン・カクタスです。 蕾に毛はなく(ヒロケレウス属の特徴)、蜜が滲み出る。 あくまでも私の感覚なのですが、月下美人っていうサボテンの花に似ているように感じました。 お疲れ様でした。 株が充実してくると春に芳香を放つ白やピンクの比較的大きな花を咲かせることがあります。

>

抽象的な魅力【フィッシュボーン・カクタス】

汗 わたしのところにも、少しだけエケさんがいるのですが、 下葉というか外側の葉から被害がでるわけでもなく、 何かが吹きかかったように、ぶわぁ~っとグズグズになってしまいました。 茎は3~4稜。 15センチ以上育ったくらいの葉を切り取り、切り口を数日間乾かしたものを挿し穂とします。 根腐れして水が吸えずにシワシワになるとの事も後で調べて知りました。 比較的よく「夜の女王」として流通するものと思われるが、刺座の突起が多少あり、最も「macdonaldiae」に近いものである。 お!だいぶ開いてきました。

>

スタイリッシュなホネホネクネクネ!フィッシュボーンカクタスの育て方

刺座の突起はほとんどなく、刺は非常に短い。 稜は目立たず刺座がイボ状に突起する。 しかし、いくらサボテンでも全く水を断つって言うのは無理な話で、やはり適度の水分は必要です。 寒くない時期ならだいたいいつでもできますが、根が出始めで冬を迎えると寒さに耐える体力がないので、夏までに挿し木を行い、秋の育成期で株を育てるため、 4月から7月くらいまでに行うのが良いでしょう。 また、そのままジグザグカクタスや、ムカデサボテンと呼ばれたり、手芸に使うジャバラテープに似ていることから、リックラックサボテンなどと呼ばれることもあります。

>

フィッシュボーンカクタスの成長が驚異的な話。成長をタイムラプスカメラで撮影してみました。

スポンサーリンク たまには地味なサボテンにも目を向けて、素敵なサボテンLIFEを送ってみてはいかがでしょうか? サボテンもいろいろと個性があって、それなりに楽しいですよ。 花のサイズ(花の長さ)は、栽培管理環境によっても変化するので、そのサイズに達しなかったといっても違うとは言い切れません。 月琴柱 ドンケル柱 亜種 hondurensis ホンデュレンシス グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア原産。 茎は3稜。 まとめ 以上、驚異的成長を見せる フィッシュボーンカクタスのお話でした。 しかし、根が出てくるまでは、気配り、目配り、少々の思いやり… ガジュマルの木のように気根のような根が出てきてることがあります。 気づけば当初の倍以上の長さに成長、うん、確実に成長しているよね。

>

フィッシュボーンカクタス(ジグザグサボテン)について。1週間ちょっと前に購入...

稜は9~10で低く、刺は短く茎に密着する。 一番のお目当てはやっぱりグリーンショップです。 大輪柱 亜種 boeckmannii ボエックマンニー カリブ諸島原産、花長は24~39cm。 花は月下美人のように夜にしか咲かず、一晩で枯れてしまいます。 交配種 ヒロケレウス属、エキノプシス属等の血統が入ったものもある。 目安としては、 土の表面が乾いてから数日経過したくらいで大丈夫です。

>

フィッシュボーンカクタス(ジグザグサボテン)について。1週間ちょっと前に購入...

花長は25~30cm 夜美人柱 夜の王女 亜種 urbanianus ウルバニアヌス カリブ諸島原産。 花は20~30cm径 夜の女王 一般に「夜の女王」として流通するもの。 耐陰性があるため、一年を通して室内の日の当たる場所で育てられます。 お花はかなり大きくて、咲いているところは画像でしかみたことがないのですが、身の丈にあった大きさとは思えないサイズで咲きます。 株分け後:2018年5月 フィッシュボーンカクタスは株分けができるらしいので、ハサミを消毒して4つにカットしました。 基本的には丈夫で育てやすく、難しい世話もいらないので、サボテンの初心者の方にもオススメです。 もともとは、木などにくっついて生えていくタイプの植物なのですね。

>

森林性紐サボテンについて/森林性サボテン、セレニケレウス、夜の女王、ジグザグサボテン、フィッシュボーンカクタス/ぱんさのサボテンランド

茎は4~5稜。 - 亜種 coniflorus コニフロルス メキシコ原産。 フィッシュボーンカクタスの最大の特徴といえば、その名前の由来ともなっている葉の形状です。 森林性紐サボテンについて 「森林性紐サボテン」と称される仲間は、北米メキシコから南米ペルーまで分布が広いため、「森林性紐サボテン」としてまとめることとしました。 彼の名は、 フィッシュボーンカクタス。 名前のとおり、魚の骨みたいなフォルムが特徴的なこちらの植物。

>