タイトリスト アイアン t100。 ”AP2後継機”の性能は!? タイトリスト「T100」アイアン試打

モノクロ写真ではありません。タイトリスト「T100S」「T200」アイアンの“オールブラック”登場!

その動きが実にスムーズで、返りすぎたり 振り遅れたり が起こらない。 T100S 7番アイアンのロフトは31度 タイトリストのT100はツアーモデルなので、いわいる飛び系アイアンではありません。 T200の見た目は、T300ほど極端ではないが、タイトリストとしては漸進的と言えるのではないだろうか? これは、ラインナップを現代的にするという純粋なニーズもあるだろうが、4番~7番アイアンに搭載されたマックスインパクトテクノロジーによるところが大きいだろう。 意見が色々あるように、見た目の好みは人それぞれだろう。 【つかまり】9. でもね、厳密には前作の後継機というとちょっと語弊があるかもしれないんです。 ちなみにこちらはバックフェースです。 (笑) たぶん一瞬見ただけでは見分けがつかないくらい似ています。

>

タイトリストT100とT200とT300の違いを比較してみました!

タルゲ氏によれば「フィッティング視点で言えば、これら3つが相まった時、ゴルフが飛躍的に良くなる」そうだ。 曲がりも少なく直進性も非常に高いです。 私はT100を使って半年経ったが1ミリも不満はありません。 AMTホワイト ヘッドスピード 45. でっぷりドッシリなT300アイアン 最後はアイアン こちらにもマックスインパクトテクノロジーが搭載されています。 AP2もそうですが、ソールはあまり広くないけどバンスがあってちょっと丸いんですよ。 ・AMT TOUR WHITE S200 ・Modus3 Tour105 S オススメしたいゴルファーは ・打感にこだわる。 そのせいか、どう構えていいかわからず、打てる気がしませんでした。

>

《2020年版》7モデルを比較試打!「タイトリスト」のアイアン~違いと選び方

アーカイブ アーカイブ. 打感が柔らかすぎて少し物足らない。 打ってみると、打感は相変わらず心地よく、やわらかい感触は打っていて気持ちいいですね。 ミスショット時の飛距離ロスは大きく、ボールも曲がるのですが、そのミスが意図した範囲内に必ず収まってくれるのです。 飛距離のメリットを感じる方ならT100・S、安定感を重視したい方ならT100といったところでしょう。 多少ダウンブローに打ち込む技術は求められそうな雰囲気はありましたが、そこさえクリアできれば、それこそ〝欲張りなアイアン〟ですね。 T100Sの「S」はストロングロフトのSです。 ここ最近は飛び系アイアンが売れているので、タイトリストもその流れに乗って打感より飛びを優先したアイアンを作ってきたなって感じました。

>

【タイトリストT100Sアイアン】T100よりちょっと飛ぶ!?ストロングロフトのSが出た!<スッパ抜き試打!>

《ON TOUR》 タイトリストは2005年以来、PGAツアー使用率No. T100Sアイアンの発売日 現時点ではUSモデルについての情報となります。 150~160ヤード打つには30~31度くらいがいいですね。 でも、やはりノーマルロフトのアスリート向けのアイアンなので、飛距離を求めるならン をお勧めするし、ある程度フォームがしっかりしてるゴルファーにオススメです。 また、打ち込んだときの抜けがいいから、突っかかりもない。 の7番が33度、T200の7番が30度と、3度の違いがあります。 芯を外したショットでも、どこに当たったかの情報は残りつつ、硬くイヤな感触はほとんどなかったですね。

>

【アイアン分析】飛んで、狙えて、止まる。タイトリストT100、T200、T300はアイアンの究極進化系なのか?

T200も十分使えますが、直進性が高いため、操作や技術が身に付くモデルとして考えるならば、やはりT100がいいですね。 芯を外したときの情報のフィードバックもしっかりあります。 T100の上位モデルとも取れますが、飛距離が出るということはそれだけミスしたときのギャップが大きくなりやすいとも言えます。 ボールをコントロールするにはある程度のスピンが必要なのです。 それでいてスピンはやや少なそうな、いわゆるライナー性の弾道。 また、直進性の高いモデルほど打感がソリッドで球離れが早い印象があります。

>

タイトリスト T100S アイアン の試打&評価/あと少し距離が欲しいアスリートに│楽しい GOLF LIFE

。 ワッグルしてみると、まぁ~しっかりしていますね。 ひとつはユーザーのニーズに合わせて、求められる結果に応じたやさしさをモデルごとに搭載した「Tシリーズ」。 ある程度コントロールした弾道を打ちたいが、ミスしたときに少しでも曲がりを抑えたいと考えるならCBがいいでしょう。 初心者が憧れるようなプロや上級者がたくさん使用しているわけですから、いつかは私も使いこなせるようになりたい!という上達志向のあるゴルファーには憧れのクラブなのです。 ゴルフを初めたときに買った中古クラブを卒業してタイトリストでうまくなりたい、どれがおすすめ?(HC15・HS42) A. ツアープロが愛用する性能の高さに加え、長いコースでもその性能を発揮しやすくするために追加された、欲張りなモデルと言えます。

>

タイトリスト T100S アイアン の試打&評価/あと少し距離が欲しいアスリートに│楽しい GOLF LIFE

3球平均の誤差が約3yと、ボクレベルでもタテの距離がそろうのはうれしいですね。 タイトリストがAPシリーズによってアイアン部門で存在を高めていったことは事実だが、そのゆったりとした戦略の結果、2010年にAPアイアンを試して以降、タイトリストアイアンからゴルファーが離れてしまうことにもなった。 「620CB」アイアンとほぼ同じようなイメージでした。 その点において T100は群を抜いて長けており、タイトリストの技術力とアイデアに私は脱帽です。 打ち出した方向に直進性の高い弾道がポンポン打てます。

>