防衛 省 オークション。 河野防衛相も驚いた!「自衛隊オークション」最高額で落札された装備品とは?

自衛隊オークション、最高値は66万円 パイロットの…:朝日新聞デジタル

具体的には、退役しました練習艦「やまゆき」の操舵輪、あるいは、空自パイロットのヘルメット、あるいは、輸送機の操縦桿、ラダーペダルなど、約30品目をせり売りに付して、売り払う予定にしております。 なおマニプラでは、「お金を借りたいけど、どこから借りるのがいいのかわからない・・・」あなたのために、状況に応じたさまざまなを提案しています。 部隊章は20万円(開始価格3千円)、水晶時計は45万円(開始価格1万円)、非常用電灯は17万円(開始価格5千円)、操舵輪は52万円(開始価格2万円)でそれぞれ落札されました。 私は580万円を超える今回の売り上げには驚き、普通の人には手が出せないなあと思う落札価格もありましたが、それでも雀の涙です。 それぞれの落札結果は防衛省のお知らせ()で確認できるので、参考開始価格と実際の売却価格を比べてみるのも面白いかもしれませんね。 「せり売り」(自衛隊の不要物品オークション)について発表する河野太郎防衛大臣(防衛省公式チャンネルより) 防衛装備庁は、防衛省・自衛隊が7月26日に東京・市ヶ谷で開催する「せり売り」(自衛隊の不要物品オークション)への参加者募集を開始した。

>

防衛省 不要になった防衛装備品 オークションで初めて売却

防衛省として、どのように売り上げを上げていくか検討を進めたい」と述べました。 そもそもなぜこうしたオークションを始めたのでしょう。 熱いファンがいそうな自衛隊の不用品は高値が付くと予想できますが、このような取り組みが他の省庁にも広がれば、意外なものが高額で落札されるなんてこともあるかもしれません。 かつて防衛省で教官を務めた政策研究大学院大学の道下徳成副学長は「日本の防衛政策には税金の無駄づかいが多い」と述べ、こう指摘します。 2018年まで44年間使われた輸送機C1の備品が中心です。 多分、冗談で言ったのかな。 オークションは26日に東京・市ヶ谷の防衛省内で行われる予定で、一般参加者の申し込みを14日まではがきで受け付けている。

>

自衛隊オークション、最高値は66万円 パイロットの…:朝日新聞デジタル

事前申し込み制で、すでに参加者450人は決まっている。 通常なら米海軍が次世代ミサイル防衛システムで選定したレイセオン社製のレーダーが採用されるのが普通だが、陸自イージスではなぜか試作機さえできていないロッキード・マーチン社製が採用されることになっていた。 ですが、 河野太郎防衛相は「思っていた以上の金額になった」と一定の評価をしています。 日曜の午後、東京・市ケ谷の防衛省講堂。 また、短距離離陸・垂直着陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機F35Bが42機導入されるのだが、これは「いずも型護衛艦」に搭載して「空母」にする計画だ。 今回のオークションは「その他の収入」にあたる。 元は税金だけど、不要品として棄てるよりは税金の節約になると思います》と好意的で、さらには……。

>

防衛省、オークションに出す自衛隊装備品を公開

《廃棄するものでも、愛好家には価値あるもの。 当日は大臣も参加予定とのこと。 もちろん、今回1回の収益だけでは目標とする100億円に遠く及ばないので、近いうちに2回目、3回目が行われるかもしれません。 朝日新聞社 参加者の身元は身分証明書で確認していますが、競り落とされた品がネットオークションに出回る可能性もあります。 これは欲しくなる 自衛隊納税はよ 戦闘靴、案外キレイ すごく大事に手入れされていたんだろうな 89式小銃全部米国のオークション行きで良いと思う。

>

防衛省 不要になった防衛装備品 オークションで初めて売却

防衛装備庁の担当者は「歓迎はしませんが、所有者の自由なので禁止はできません」。 宮内庁の御料牧場で、厩舎の馬に触れる見学者たち=2018年、栃木県高根沢町、芳賀町。 河野大臣は「楽しみにしていた方には申し訳ないが、こうした状況をみて自粛していただければと思う。 防衛費の確保につなげようと、来週、防衛省で初めて行われる防衛装備品のオークションについて、河野防衛大臣は、東京都で新型コロナウイルスの感染が広がっていることを踏まえ、都外からの参加を自粛するよう要請しました。 「厳しい財政下で財源確保を」と河野太郎防衛相の肝いりで開催。 (猫間滋). 一般から参加者を募り、当選者が26日に防衛省内でのオークションに参加した。 ただ、今回はあくまでも実験的な試みであり、 今後はインターネットでオークションを開催する可能性もあると防衛省はしています。

>

ヤフオク、自衛隊の演習弾やPKO戦闘服が販売…外交問題に発展の懸念、防衛省が調査へ

自衛隊で不要となった装備品の初のオークションが26日、東京・市谷の防衛省講堂であった。 だが不透明感は拭えなかった。 折しも防衛装備庁・自衛隊は7月26日、不用になった防衛装備品の初のオークションを開催し、航空自衛隊パイロットのヘルメットと酸素マスクのセットが66万円で高額落札されるなどして話題を集めていた。 それに、本来は処分されていたようなものに値段が付くのも面白いですよね。 それにしても、防衛予算が不足しているのは確かでしょう。 「家に飾ります。

>

防衛省がはじめてオークションを開催!自衛隊関連の物品が開始価格の30倍以上で落札|お金を借りる&払う|みんなのPay活プラットフォーム・マニプラ

今回の売り上げについて河野氏は、自衛隊員の生活や勤務環境の改善に充てられるよう財務省と相談する、としていますが、今後2回目、3回目があるのかどうか。 河野氏の言うF35の1機分どころではありません。 旧式の銃持つ必要はそんなない。 出品は陸海空の各自衛隊から、戦車や艦船、航空機に関する備品など(上のフォトギャラリー参照)。 岩手県の出身で、東日本大震災の際に自衛隊にお世話になったので、活動の足しになればと思う」と話していました。 7月3日の閣議後会見でオークションについて発表した河野太郎防衛大臣は、練習艦「やまゆき」の操舵輪、空自パイロットのヘルメット、輸送機の操縦桿、ラダーペダルなど約30品目(質疑応答で「たぶんせりとしては21回ぐらいに」と説明)をせり売りすると説明。 だが本来、ヘリコプター搭載護衛艦なので、空母に転用すれば護衛艦の配備計画は変更を余儀なくされる。

>

防衛省、オークションに出す自衛隊装備品を公開

とりあえず1回目やってみて、どんな感じか手応えを知りたいと思いますし、世の中的にも防衛省・自衛隊、こういうことを始めました、ということをこれで広く知っていただきたいと思います。 オークション会場は防衛省本省(東京都新宿区)でしたが、新型コロナの影響もあり、東京都外からの参加は自粛するように呼びかけられました。 ヤフーオークションより 「自衛隊個人携帯対戦車弾 パンツァーファースト3 110RJM18 演習弾 インテリア置物」(1万5000円) 「 陸上自衛隊84ミリ無反動砲演習弾使用済み インテリア 置物ジャンク」(1万2000円) 「陸上自衛隊PKO戦闘服一般用上衣」(2万9800円) そんな、ぎょっとする商品が3日、 ヤフーオークションに出品されていることがわかった。 先に述べたように、防衛省・自衛隊自身の収入確保の努力としては「その他」の話であって焼け石に水であり、中期防にあるように、本来は「装備調達の最適化」によるべきだからです。 本当に、今日御参加をいただいた方から、大変よい値段を付けていただいたものですから、F-35を1機と、こう言っておりましたが、少し自衛隊の隊員の生活環境、勤務環境の改善等にしっかりと役立てるようなことを、財務省と相談できればいいなというふうに思っております。

>