ソフィー の アトリエ。 不思議シリーズ(アトリエ)

「ソフィーのアトリエ」をパソコン1つで遊ぶ方法|Appty

関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事. また、アプリ版として再登場するなど、 アトリエシリーズには時代を越えて愛され続ける魅力があります。 3900円 税込• これがきっかけとなり、音楽の楽しさに目覚め、まだ完全には決めていないが毎晩カフェで歌の練習をしたり、エリーゼの本屋で楽譜を買ったりするなど歌手への道の関心も示すようになる。 本編作品 [ ] [ ]• 文武両道なタイプ。 ハロル・ジーメンス 声 - 時計店を営む青年。 「エスカ&ロジー」のアトリエに登場するロジーとは別人だが声優は同じ。

>

「アトリエ」シリーズ最新作「ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~」の新情報公開。公式サイトも本日オープン

本屋の勤務なだけあり本を読むのは大好きで、本屋では勿論町外れの森でも読む事が有る。 戦闘では様々な仕掛けが施された仕込み手甲を装備し、格闘技で戦う。 ちなみに、兎耳のカチューシャとしっぽはお客を釣るためだがホルストに事前に着用の許可を得たものであり、その事からホルストの趣味ではないかと疑われた。 記憶を取り戻そう・3• 「ユーディー」ではファクトア神殿、「ヴィオラート」では妖精の森でその姿を確認できる。 しかしホルストの勧めで旧市街にある一軒の空き家で暮らす事となる。

>

ソフィーのアトリエ攻略 表裏一体

ソフィーは四苦八苦しながらも彼女を人形にする道具を全て揃え、そして遂に彼女を人形にする事に成功した。 ある出来事をきっかけに人の姿となるが、本の姿だった時と性格は変わらず、ソフィーに錬金術に関するアドバイスをしてくれる。 Horst Basler (CV:) 街で昼はカフェを夜は酒場を営む男性。 効果・特性• 記憶を取り戻そう・10• 彼女に請われて錬金術を教えることになったソフィーは、彼女から「ソフィー先生」と呼ばれ、慕われることになる。 フリルや革ベルト、装飾品などの複雑なパーツもしっかり再現。

>

アトリエシリーズ

(A6)• Plus版(PS2) [ ] それぞれPSP移植及び新要素追加を行ったバージョンが発売された。 (A22)• 他の仲間に比べ通常攻撃の威力などは控えめだが、フィールドで使用するアイテム全て、および探検用アイテムを所持可能。 錬金術の経験を積んだ事で、素材の「声」を聞く事が出来るようになっており、素材の気持ちを理解出来る。 かわいい主人公のロロナがアトリエ存続のために奮闘するストーリーは、アトリエファンの心をぐっと掴んだ作品とも言えます。 プラフタの体に錬金術の材料を組み込むことで、プラフタをカスタマイズできる。 2009年12月28日刊行。

>

キャラクター

冒険をして、材料を集め、錬金術でアイテムを生成するといった流れですが、 単純作業のように見えて意外と奥が深いことで人気を集めています。 さらに,初回特典や限定版の情報,そしてスペシャルキャンペーン情報も合わせて明らかになっているので,「アトリエ」シリーズの新たな展開を知りたいという人は,ぜひチェックしてほしい。 マイペースでのんびり屋の性格。 「黄昏」シリーズ• イベントスチル• こちらの作品は 主人公選択制で、黄昏世界の核心に迫るシリアスなストーリー展開のシャリステラ編か、テンポ良くコミカルに展開していく従来のアトリエシリーズ要素の強いしゃるロッテ編、 最初にどちらを選ぶかで序盤のストーリー展開が異なります。 お茶を淹れる事とお菓子作りに関しては得意だが、お茶なら「ソティー」、フィナンシェなら「ソフィナンシェ」等、アレンジした品に自分の名前をつける癖がある。

>

ソフィーのアトリエ 最強装備と強化システム

記憶を失っており、ソフィーがレシピを書き込む毎に少しずつ思い出して行く これは本から人形へと魂が移った後も同様である。 今作ではこれまでのと同様に、錬金術を用いる以外に 主人公のパートナー、に錬金術で作成した材料を組み込む 『ドールメイク』と呼ばれる新システムが追加されている。 その姿は人間の少年少女のようであったり、獣のようであったり、怪物のような姿であったりと様々。 また、空腹感はあるようだが味覚は無く、成分を分析して味を評価している。 あらすじ [ ] キルヘン・ベルという小さな街に、 ソフィーという少女が住んでいた。 アトリエシリーズ18作目となるフィリスのアトリエでは、様々な点でアトリエらしいやりごたえのある作品となっています。 錬金術の不思議な力で、投入した材料の形が分かるようになった調合。

>