洋楽 ランキング 2020。 人気洋楽のYouTube再生回数ランキングTOP50

人気洋楽のYouTube再生回数ランキングTOP50

この曲は、からのリード・シングルでした。 Roddy Ricch 」 12位は ダベイビーと ロディ・リッチのコラボ楽曲。 3月のランキングで1位を飾った アリアナ・グランデの「7 Rings」が3位に。 COOLコラボ系 Can't Stop GhostDragon ft. 思わず踊りたくなる曲です。 1月に行われた初の単独来日公演も大盛況となりました。 EARTHGANG/『High Hopes』Panic!At The Disco/『Say So』Doja Cat/『Good as Hell(feat. 3位は レディー・ガガと ブラッドリー・クーパーによる「Shallow」がランクインし、女性アーティストの活躍が目立ちました。 大変珍しいコラボではあるが、今後の行方が気になるところだ。

>

【洋楽】2020年3月の人気の洋楽ランキング

でも、全体的にはK-Popらしいキュートな電子音で彩られた、躍動感あふれる軽快なダンス・ポップ。 16位 Juice WRLD「Righteous」 ジュース・ワールドの没後初となる新曲が16位に登場。 3位はダーク・ポップ界の新スター、 ビリー・アイリッシュの「bad guy」。 ダベイビーと ロディ・リッチのコラボ楽曲「ROCKSTAR」が2位に。 5位 Roddy Ricch「The Box」 新進気鋭のラッパー、 ロディ・リッチの楽曲が5位に。 ジャンルの違う二人が見事にマッチした2015年を代表するヒット曲です。

>

洋楽ランキング2020最新ヒットチャートTOP100&人気曲オススメ厳選Pv

それにしても謝りすぎじゃね?w素行が悪いからフラれてもしょうがないよw ジャスティン・ビーバーの楽曲はこちらの記事で紹介しています。 」 天野 「2020年はコロナ禍や、ここ数週間のといった、さまざまなトピックがありましたね。 11位 Imanbek Remix by SAINt JHN「Roses」 セイント・ジョンの2016年にリリースされた楽曲のリミックスバージョンが11位に。 2015年ビルボード年間ランキング 3位 Mark Ronson — Uptown Funk ft. アメリカのビルボードHot100を元に作成し、月内のランキング遷移状況をひと目で見ることができます。 SoundCloud上で着実に人気を集め、最近では日本のアニメをモチーフにした楽曲もアップしているパウフー。

>

【2020年10月】ビルボード洋楽ランキングの月間チャート

レトロなトラックとキュートな声が特徴的です。 Halsey』The Chainsmokers/『Payphone feat. 今年は、世界が新型コロナウイルス感染症の大流行という災禍に見舞われ、それ以前と以降で様相が変わったな、という印象も。 「Break My Heart」はインエクセスのヒット曲「Need You Tonight」をサンプリングしたもので、ディスコサウンドが懐かしさを感じさせます。 1を誇る「WAP」。 17位 Trevor Daniel「Falling」 アメリカのシンガー・ソングライター、 トレヴァー・ダニエルの楽曲が17位。 近々アルバムをリリースするDrake。 ジャスティンはAlexandria Houseの住民を支援する募金活動も行っています。

>

洋楽ランキングTOP10 【毎日更新】【2020年10月31日付】

リル・ヨッティら豪華アーティストがカメオ出演しているMVにも注目です。 ランキングにはテイラー・スウィフトやケイティ・ペリー、ショーン・メンデス&カミラ・カベロなど、注目アーティストの新曲が多くランクインしました。 彼自身もコラボした イマンベックも日本ではまだあまり有名ではないですが、現在TikTokを中心に話題を呼んでおり、今後の活躍が期待されます。 彼はこれまでインディーズで人気を博しており、作詞作曲、エンジニアリングを全て自分一人で担当、新曲のリリースやツアーも積極的に行ってきたという実力の高さも重なってのヒットとなりました。 Luke Combsの妻への愛が綴られたこの曲は、Luke Combs初のトップ10入りを果たし、カントリーの男性ソロ・アーティストによるBillboard Hot 100の初登場記録を塗り替えた。 今後の動きにも注目だ。 個人的には、レディオヘッド『The Bends』(95年)への2020年代USインディーからの回答……なんて思ったりも。

>

人気洋楽のYouTube再生回数ランキングTOP50

というわけで、連載では紹介しなかった曲もたくさん入れています。 TikTokのダンスチャレンジ動画でバズったことを受けてリリースされた楽曲ということで、MVではドージャ本人によるSay Soダンスも披露されています。 2019年にリリースされ、その後TikTok上で徐々に話題に。 8位 Trevor Daniel「Falling」 アメリカのシンガー・ソングライター、 トレヴァー・ダニエルの楽曲が10位に。 今月はリル・テッカやトーンズ・アンド・アイなど、SNS発のニュー・スターが活躍しました。

>