釜石 の 奇跡 と は。 【釜石の奇跡】東日本大震災の大津波から逃げ切った話の真実の裏に隠された「犠牲になっていた可能性」 │ 防災の種

3.釜石の奇跡

日本の沿岸地域では大規模地震の発生が警告されてきたにもかかわらず人々の警戒レベルは低いことを危惧していたという。 だから生徒達には、勇気を出して最初に避難する人間になれと言いました。 この中学生は釜石市の鵜住居(うのすまい)地区にある中学校に通う生徒です。 2003年9月27日のの社説には、「三陸沖やで津波の被害に何度もあっているには、津波てんでんこという言い伝えがある」とはっきり書かれ、古い言い伝えであるという印象を抱かせる内容になっている。 いのちをつなぐ未来館・川崎杏樹さん: すごい土ぼこりが見えて、見てみたら、鵜住居の街が全部、波にのまれている状態。

>

産経新聞 平成23年4月13日 「釜石の奇跡」と「田老の備え」

自治体や企業が主催する防災講演会、パネルディスカションなどにも参加。 ほかに誰も避難しないなかで、自分だけ避難する気にならないのは自然なことです。 「この子たちはやがて親になる。 釜石市では1,000人以上が亡くなったが、学齢期の子どもの犠牲はたまたま津波が襲った時に学校にいなかった5人のみだった。 いのちをつなぐ未来館・菊池のどかさん: 犠牲になられた方はたくさんいるし、もう帰ってはこないけれども、学習することによって未来の命を助けることはできるから。 こうして、津波襲来時に学校管理下にあった鵜住居小学校、 釜石東中学校の児童・生徒約570人は無事に津波から生き残ったのである。

>

「釜石の奇跡」 3,000人の生徒達はどのように3.11から助かったか|JFS ジャパン・フォー・サステナビリティ

その後、1990年に行なわれた 「全国沿岸市町村津波サミット」で山下文男さんたちのパネルディスカッションから標語となり、日本に限らず、世界にまで広まっています。 子ども達が自分の命を守れるように何とかしなければならないという思いが強くなりました」と片田教授は振り返る。 釜石市の津波伝承施設でこの春から職員となった川崎杏樹さん 23。 間一髪で高台にたどり着いて事なきを得た。 もし、最初の場所で安心しきっていて偶然に土砂崩れが起きていなければ助かっていたかどうか分からなかったのです。

>

「釜石の奇跡」 3,000人の生徒達はどのように3.11から助かったか|JFS ジャパン・フォー・サステナビリティ

もっとも、片田教授は子ども達に津波の知識を教えることだけではなく、自然に向き合う正しい姿勢を育てるということに力点を置いた。 すなわち、「津波てんでんこ」「命てんでんこ」をそのまま共通語に置き換えると、それぞれ「津波はめいめい」「命は各自」になる。 両校は、海岸近くに併設しているため、 いざというときには学外への避難が必要になります。 「そして、まさにその通りになりました。 ある少女とは、私が教えた中学生の一人だ。 彼女は、自宅で地震に遭遇した。

>

岩手県釜石復興 「釜石の奇跡」

今回の震災では、多くの中学生が教えを実践してくれた。 いのちをつなぐ未来館・川崎杏樹さん: 避難訓練に関しては、毎年繰り返し行っていたことで、意識しなくとも自分の体にしみこんでいた。 私たちの住んでいる比較的浅い箇所だとスピードが遅くなりますが、 水深10m程度あれば、時速40km(自動車とほぼ同様)のスピードで進みます。 標語提唱者の意図 [ ] 「てんでんこ」の語呂よい響きが手伝って、他人にかまわず逃げろという、ややショッキングなメッセージ性が強調され、だと誤解を受けやすい。 当時、津波から避難した中学生だった方の一人は、賞賛されている報道の一部が異なっていると話しています。

>

【釜石の奇跡とは?】東日本大震災で生存率99.8%の理由

はじめの頃は、子供たちから「自分だけ逃げるなんて」という声が上がりました。 生存者の自責感の低減(亡くなった人からのメッセージ)大切な他者とてんでんこを約束しておけば、「約束しておいたから仕方がない」と罪悪感が減る。 これを子どもたちにわかりやすくするために「避難の三原則」というアクションプランを作った。 そうすることで、災害発生時に、 家族や友達の心配をしたり自分のことを探している人がいたらどうしようと心配したりせず、避難行動を遅れずにすることが出来ます。 先頭を行く中学生が介護福祉施設に到着し、点呼を取り始めたとき、 消防団員や周辺にいた地域住民の「津波が堤防を越えた!」という叫び声が聞こえた。

>

産経新聞 平成23年4月13日 「釜石の奇跡」と「田老の備え」

東日本大震災の津波が想像以上の規模だったので、 間もなく、ございしょの里は波にさらわれてしまいました。 しかし、偶然そこで土砂崩れが発生し、危ないということでさらに高い場所へ逃げなくてはならなかったのです。 そちらに関しては下記の記事で紹介しているので、そちらも合わせてご覧ください。 「逃げます」というまでとことん対話しました。 臨機応変に避難する訓練や助けあう精神を育んでいました。

>

NHKスペシャル

その時、彼らの背後では巨大な津波が学校を、そして町を飲み込んでいた。 震災らら3年目を迎えて、一人の力や財力で出来る事には限界が有ります。 河北新報、2011年12月9日• 「それは大いなる自然の営みに畏敬の念を持て、ということと、自らの命を守ることに主体性を持て、ということです」と片田教授。 東日本大震災の大津波から逃げ切った話の真実は犠牲になっていた可能性もあった 釜石市の鵜住居地区では、中学生が近隣の小学校に行き小学生の手を引いて高台へと避難。 (次ページ). 私が「逃げずにお母さんを待ってたら、地震後の危険な中を何があっても迎えに来るぞ」と言いますと、 子供たちはお母さんに起こることを想像し、目に涙をため考え始め、最後に「僕、逃げるもん」というようになります。 鵜住居地区では中学生が小学生の手を取って避難したと称賛された。 ございしょの里まで走りきった小中学生はその場で点呼を取り、 避難は無事に完了したかに見えた。

>