Iphone 急 に 暗く なる。 iPhoneの画面が急に暗くなる原因は?設定は関係がない?

iPhoneの画面の明るさが勝手に暗くなる・明るくなる問題への対処法!明るさの自動調節やバッテリーの劣化が原因!

自動調節機能をオフにしたいときは、設定から「一般」画面を開きます。 次に、「アクセシビリティ」を選択し、「ディスプレイ調整」を選びましょう。 ホーム画面から「設定」を選択• 簡単に説明すると、iPhone内部の空気に含まれる水分が急激に冷やされることにより水分に戻ってしまう可能性があるのです。 そこから 「明るさの自動調節」をオフにスワイプすれば設定完了です。 iPhoneを冷ます際には以下のことを守ると効果的です。

>

iPhone・iPadで自動的に画面が暗くなるのを防ぐ方法【明るいままキープ】

自動スリープ機能が設定されてるかも 画面の明るさが自動的に暗くなる「自動スリープ機能」がiPhoneにはついています。 明るさの自動調整をオフ(白)にして設定は完了です。 1-4. 不便だと少しでも感じるのであれば、いっそのこと機能をオフにしてしまいましょう。 最初に説明した確認方法で「充電する」とありますが、水濡れや水没の心当たりがある場合は充電しない方が良いです。 Apple正規店で依頼する際には、が必要になります。

>

【最新iOS対応】iPhoneの画面が勝手に暗くなってしまう原因と6つの解決策!

省エネモードを無効にするには、設定からバッテリーを開きます。 iPhoneの修理は、Apple Store、Appleの正規店もしくは、iPhone修理をおこなっている非正規店で修理をおこなうことができます。 勝手に暗くなるのは「True Tone」が原因 「True Tone」は周りの明るさや環境に合わせて、 ディスプレイの色合いと明度を自動的に調整する機能です。 コントロールセンターの「画面表示と明るさ」を長押しします。 自動ロックするまでの時間 iPhoneには自動ロック機能があり、 画面を操作しないと少しずつ暗くなってロック状態になります。 ところが、この機能が働きすぎてしまうと画面の明るさが目まぐるしく変わってしまい、逆に見づらい・目に悪い状況になってしまうことがあります。

>

【解決】iOS13のiPhoneで画面が急に暗くなる/明るくできない場合の対処設定方法

この機能は、光の当たり具合が変わるにつれて、デバイスの明るさの調節スライダが自動的に動く機能で、デフォルトの設定ではオンになっています。 設定アプリから画面の明るさを調整する 設定アプリから「 画面表示と明るさ」を選択し、「 明るさ調整バーを左右にスライド」すれば画面を暗くしたり明るくしたりと明るさを変更できます。 ・カメラのフラッシュが一時的に無効になる。 1-2. コントロールセンターを使って画面の明るさを調節したいときは、まず、画面の上もしくは下からコントロールセンターをだします。 スリープを解除する• iPhoneを長時間使用したり、負荷が大きい動作をしていると、だんだん熱を帯びてデバイス内部の動作温度範囲を超えてしまいます。

>

PUBG MOBILE・荒野行動をプレイ中に画面が暗くなる時の対策

それでも画面が暗くなる場合は? 上記手順を試してみても画面が暗くなる場合は、次の可能性が考えられます。 True Toneをオフにする方法 True Toneをオフにする方法は、「設定」から「画面表示と明るさ」を選択し、「True Tone」をタップするだけです。 ひとつずつ詳しく見てみましょう。 また、明るさを暗めにしておくとバッテリー持ち時間の向上にもつながります。 ここで紹介する金額は、iPhone本体に画面割れや水濡れ、湾曲などの破損や損傷があった場合の交換金額になります。 iPhoneの修理は、Appleの正規店または非正規店でおこなってください。 iPhoneの画面が真っ暗になってしまった。

>

PUBG MOBILE・荒野行動をプレイ中に画面が暗くなる時の対策

「省電力モード」がONになっている 上記のような原因が考えられます。 使用しない時の画面の付けっぱなしにはご注意を。 バッテリーの減りを節約するためにも、自動調節をオフにする方法が有効です。 PUBG MOBILE・荒野行動をプレイする際は、スマホカバーを外すことをお勧めします。 音声による経路案内は引き続き機能します。 明るさの自動調整の設定を確認する方法は以下の通りです。 しかし、iPhoneの画面の明るさは設定を確認すると、問題が解決することがあります。

>