Youtube 分析。 【新サービス】YouTube分析ツール 『kamui tracker』β版提供開始 クリエーター・企業の動画マーケティングを支援

再生回数UPに繋がる機能が好評で会員数1,000人を突破 ~会員全体の2割がチャンネル登録者数1万人以上の「有力YouTuber」~

YouTubeアナリティクスの比較機能を使いこなせば、一部だけ変えて似たような動画を作り、facebookユーザーへの拡散、Twitterユーザーへの拡散、と再生の違いを見てみてもいいかもしれませんね。 YouTuberピラミッドと流行のテーマ そんな期待が高まり続けるYouTubeにも、実際に演者として参加してみると、少しモヤモヤとする部分が分かってきています。 逆に顔出しYouTuberやVtuberのように、 人物(キャラクター)に対する人気が重要になってくるチャンネルだと、先にチャンネル登録者の基準を超えることがあるかもしれません。 というわけで、今後も毎日改善します それでは、今回は以上にします。 鳴かず飛ばずの芸人人生でしたが、1つの動画が某有名アーティストに評価されたことで国内だけではなく海外で大ヒット。

>

YouTube 広告 1,000 本以上の分析でわかった「アクション」につながる広告、つながらない広告

この毎日ジワジワと視聴者が流し込まれてくるアルゴリズムは、これまで他のSNSなどであまり体験したことがなかったため、非常に興味深かったのと同時に、YouTubeというプラットフォーム視点から考えても、とても理にかなったアルゴリズムになっていると推測しました。 このように、目的に見合った結果が出ているかどうか確認することで、次の一手につなげていくことができます。 確かに全然生活できる収入じゃなくても、なんか 自分の投稿した動画から収益が発生するってプライスレスな面白さがあるので、突然無くなると愚痴の一つも言いたくなります。 ランキングファクターについては、 以前の記事でかな~り詳しく暴露しましたので、 ご参照ください。 おさとエクセルは、男性と女性どっちの視聴者が多いと思います?答えはのちほど。 「kamui」とはアイヌ語で「神」を指します。 「マリオラン起動!」速攻落ちてます(泣)www! 15秒くらいしますと、落ちつつも安定。

>

YouTube Studio のご紹介

『ジュース理論』に基づくと、動画の再生に対して「高評価率」が、動画のインプレッション数や再生数に良い影響があります。 5 ドル未満であったことがわかっています。 (興味を持つ絶対数が少ないジャンルや切り口だとどうしようもない) できればそういうクリエイターの動画は情報として役に立つことが多いのでやめてほしくないですが、動画投稿は撮影や編集に手間がかかるので、モチベーションが高くないとなかなか継続できません。 登録者1,000人だとどのくらいの収入になるのか これはあんまり鵜呑みにしてほしくないですが、 自分はチャンネル登録者1,000人の時点(2015年10月)で1ヶ月の再生回数が約5万回、収益はだいたい樋口一葉さんが1枚、まさにお小遣いという感覚です。 現地の日本人留学生とか、ワーホリの方とか、駐在員とかが見てるのかなー。 YouTube検索からのアクセス• トラフィック ソース それぞれの動画がどのように(PC、スマホ)閲覧されたかを把握するには「トラフィック ソース」を確認します。 クリエイターハンドブックの他章を紹介した関連記事は、からどうぞ。

>

YouTube 広告 1,000 本以上の分析でわかった「アクション」につながる広告、つながらない広告

初動の良い動画をチェックする 初動とは、下記のとおり。 動画のテーマにもよるとは思いますが、編集すべきポイントは、「キャッチコピーの改善」「写真の撮り直し」「(テーマが広がりすぎている動画の)ターゲットの絞り込み」などです。 トレンドキーワードに対応した 動画を作っていくことも戦略の1つです。 なるほどね。 投稿日からはすでに1ヶ月以上経過して動画になり、『ザオラル』前の1ヶ月は毎日横ばいからやや微減という複数の動画が、『ザオラル』直後、クリック率は2. Wondershareのです。 理由として「検索流入は、小さいから」ですね。

>

YouTubeチャンネルを急成長させる7つの分析&考察【決定版】|安宅 基|note

小学生YouTuberに聞いてみた うちの小学生の娘にも、再生数の少なさに対して意見を聞いてみました。 「外部」が突出して多いのなら、SNSなどで拡散されているのかもしれません。 しかし、登録数が伸びたら反応率が上がってきたので、不思議ですね。 平日夜と早朝、休日を使って、色々なパターンの動画を週2〜3本程度のペースで動画を投稿していきました。 「Nox Influencer for YouTube」ブラウザ拡張機能を利用することで、これら「NoxInfluencer」で閲覧できるランキングや収入予想等の分析結果を YouTube の画面から移動する事なく即座に参照する事が可能となります。

>

YouTubeアナリティクスによる動画分析事例と見方

過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上 どちらの基準を達成するのが難しいでしょうか。 YouTubeアナリティクスとは YouTubeアナリティクスとは、アップした動画の再生数のみだけでなく、どれくらいの時間まで再生されたのか、どういう性別やデバイスが多いのか、というYouTube動画の再生の分析をできる、動画解析ツールです。 実体験も目的だったので、編集も自分自身で行いました。 当然ですけど、 YouTubeのチャンネル登録は、次も見たいからするのであって、まずは自分の動画を見た時に次も見たいと思うかどうか客観的に見ることが大事ですね。 キャラクターありきの視聴で配信(生放送)を主軸にするなら、再生回数は気にせずに一人あたりの視聴時間を長くしてスパチャで収益性を高める方向でも良いのかもしれません。

>

YouTubeで学ぶデータ分析入門

ここを考察できるようになりますと、動画制作に大きく貢献してくれるはずです。 モチベーションが下がる問題 YouTubeクリエイターブログには、影響を受けるチャンネルについて以下のように書かれています。 。 平均視聴時間(分) 必要な再生回数(年) 必要な再生回数(月) 1 240,000 20,000 2 120,000 10,000 3 80,000 6,666 4 60,000 5,000 5 48,000 4,000 6 40,000 3,333 7 34,285 2,857 8 30,000 2,500 9 26,666 2,222 10 24,000 2,000 なぜ「再生回数」ではなく、「再生時間」が基準になっているかというと、たぶん、チャンネル登録者と再生回数はツールで簡単に水増しできてしまうので、 ズルしにくいように「再生時間」を基準に組み込んでいるんだと思います。 テレビと比べても最高の広告場所となっていったからです。 相互チャンネル登録を提案したクリエイターは、 チャンネル登録者数が減らされたり、利用規約違反警告を受けたり、チャンネルが停止されたりするおそれがあります。

>