グレッグ バレンタイン。 グレッグ・バレンタインとは

グレッグのダメ日記

6 どうかしてるよ! 2011年11月 グレッグはクリスマスに望みどおりのプレゼントをもらうために、最後の1ヵ月をよい子で過ごすことを心に決める。 多くのオンラインの読者による、書籍化の希望に応えるかたちで、にJ. 03 福岡スポーツセンター アントニオ猪木&藤波辰巳 vs ラッシャー木村&アニマル浜口 1982. フレグリーと仲良くしても、結局はひとりでごはんを食べることに。 ロウリーのパパ ジェファーフソン ロウリーのパパ。 新日本プロレスに参加した最初の現役超一流レスラーと言っても良かろう。 グレッグ・バレンタインは実子だが、ジョニーは引退するまでその関係を否定していた。

>

グレッグ・バレンタイン を 英語

キニーはのに選ばれた。 「グレッグのダメ日記」では六年生だったが、話が進むにつれて進級している。 グレッグはロウリーを引き立て役にして、3人で出かけることを目論むが、やっぱり思い通りにはいかない。 NWA北米ヘビー級王座:1回(1994年にで新設されたインディー団体のタイトル)• 得意技• グレッグはこの事件後に、ジョニー・バレンタインの息子であるということを公表し、より主宰のを主戦場とする。 11放送 '82年ビッグファイトシリーズ(第6週) 1982. ホリー・ヒルズ グレッグが好きだった女の子。 おまけにグレッグは何度も恐ろしいヒゲ男の一家につきまとわれ、男の一家が彼らの荷物を盗んだのではないかという疑いが浮かび上がる。

>

グレッグ・バレンタイン/レスラーノート/ダークロHP

東京プロレスに初来日、以後、国際、日本、新日本と4団体に参加した。 1983年まではWWFとNWAを行き来しながら試合をしており、NWAではフレアーやロディ・パイパー、ワフー・マクダニエルらと抗争し、USヘビー級王座(後のWCW・US王座、現在のWWE・US王座)を2回に渡って獲得するなどトップ戦線で活躍した。 自分のバンド ローデットダイパー ではドラムを担当している。 当初はジョニー・バレンタインの兄弟という役割だった。 28放送 '82年ビッグファイトシリーズ(第4週) 1982. この時の怪我で父は引退。

>

グレッグのダメ日記

はや、などにも来日しており、日米レスリングサミットではとシングルマッチで対戦した。 8月にはと組んでWWFタッグ王座を獲得。 2001年心臓発作のため死亡。 02放送 '82年サマーファイトシリーズ第1弾(第3週) 1982. 同年10月、父ジョニーやリック・フレアーが乗ったセスナ機が墜落するという事故が起きる。 ドライブ中に思いがけずヘフリー家の新しい仲間になったペットの豚がさらにドライブを大変なものにしてしまう。 :2回• グレッグと同じようにで読者が自分だけの日記を書ける穴埋め式のアクティビティブック。 当時、父親のはまだ現役選手として第一線で活躍しており、父の意向から息子ではなく「弟」と称していた(息子がデビューするほどの年齢であることが公になると、自分の商品価値が下がってしまうとジョニーが懸念したため )。

>

グレッグ・バレンタインとは

IWCCWヘビー級王座:1回• 獲得タイトル• 07放送 '82年ビッグファイトシリーズ(第2週) 1982. グレッグはフレグリーのことが相当嫌いで、わざわざ兄のロドリックにフレグリーの家の前を通らずにロウリーの家に行く道を教えてもらう。 グレッグ・バレンタイン(Greg Valentine)のリングネームで知られるジョン・ウィスニスキ・ジュニア(John Anthony Wisniski Jr. NWA北米ヘビー級王座:1回(1994年にで新設されたインディー団体のタイトル)• 93年にWWFに復帰。 アビゲイル・ブラウン ロウリーの元カノ。 17放送 '82年ブラディーファイトシリーズ(第4週) 1982. WWCカリビアン・ヘビー級王座:1回• 30 愛知県体育館 アントニオ猪木&ハルク・ホーガン vs 坂口征二&藤波辰巳 1982. 01 後楽園ホール アントニオ猪木 vs ローランド・ボック 1982. 大学在学中、70年にカルガリーで修行し、を相手にデビュー。 06放送 '82年サマーファイトシリーズ第2弾(第4週) 1982. "Release Date Revealed for Wimpy Kid No. 主にニューヨーク州バッファローのNWFで活躍。 NWAアメリカス・ヘビー級王座:2回• 来歴 学生時代にとしてリングに上がった経験を持つ。

>

グレッグ・バレンタイン を 英語

2020年4月 2020• 提供:HARU一番様. 得意技 [編集 ]• 「グレッグのダメ日記 スクールプランナー」(2015年11月発売)• 若手時代は ベビーフェイス・ネルソン( Baby Face Nelson)や ジョニー・ファーゴ( Johnny Fargo)のリングネームを名乗り、傘下のローカル・エリアや、の地区などで試合をしていた。 NWF地区で世界タッグを獲得した後、コンビを解消してロスへ転戦しジョニーの弟を名乗り、グレッグ・バレンタインに改名。 これまでに、14巻の書籍が発売されており、他にも2冊の書き込み式の本と3作の映画が作られている。 その後、グレッグは昔ながらの農場への学校の遠足に行きます。 :2回• 77年6月11日、を破りミッドアトランティック・ヘビー級王座を獲得。 "USA Today: Best-Selling Books Database". からはをに迎え、との ドリーム・チーム( The Dream Team)で活動。

>