ゲー ゲン プレス 意味。 【全文掲載】ミスは許されねばならない。ドルトムントに学ぶ「正しいミスの生かし方」(2)

アオアシやDAYSにも出てきた!ゲーゲンプレスを「正しく」理解する

ボールポゼッションで圧倒するアプローチから、すばやいカウンターを狙う方針にシフトしたことなどを指摘している。 だから、Gプレスとは「攻守一体」となった戦術といえる。 また、「 スピード重視」を多めにトレーニングして、スピートアップとスタミナアップをしておきます。 チーム全員がゲーゲンプレスを行える状況なのかどうかの判断力と組織的なプレッシングを行わなければならないので、チームとして戦術を深く理解することと豊富なスタミナが必要な戦術です。 その名も「ゲーゲンプレス」。

>

「ゲーゲンプレス」とは?意味や使い方を解説!

ほかにも、自身が生まれてもいない80年代の映像を見ていたことや、4級審判員の資格をとった経緯などを語っていて、まあとにかくびっくりしました。 ・決定的に重要なのは、ゲーゲンプレスが単なる 「プレッシング戦術」や、 「カウンター戦術」ではないという点。 ゲーゲンプレスという言葉はクロップがドルトムントでの成功を収めたことで全世界に広がったが、広義には70年代から使われていた戦術で、現在も様々なチームで部分的に採用されている。 この段階ではボールを奪った相手の選手は、ボールをどこにパスするかを探している」 これに少し説明を補足しますと、 ボールを奪うためにタックルしたりインターセプトをするためには、まず 相手の攻撃の流れを読む作業に集中するため、 ボールを奪い返す過程で 体力を消耗していることが考えらます。 【A】…初心者でもわかる、というレベル。 前線からの激しいプレスからショートカウンター。

>

【全文掲載】ミスは許されねばならない。ドルトムントに学ぶ「正しいミスの生かし方」(2)

仮にパスが通されれば、さらに追いかけてプレッシングを仕掛ける。 その理由は、近年の戦術進化の方向性にある。 このやり方では、対戦相手にとって戦況的にあまり好ましくない方向にパスが送られた時(例えば、数的な不利な状況にあるサイドの選手に中央からダイアゴナルなボールが送られた場合など)や、バルセロナでの具体例を挙げればブスケッツがカバーしているスペースにボールが入った時に頻繁に見られた。 ここでも局面ごとに説明していきますね。 時にはフーリガン化することもあり、問題視される の問題がありましたが、 達海監督とサポーターの関係なども描かれており、達海監督が主人公的ポジションなのですが、ETUという1クラブの視点で描かれているような構成となっています。 ( 本来であればここで戦術がもっと進化し、いまのゲーゲンプレスに近い戦術が実現されていたかもしれない。 香川真司やロベルト・レバンドフスキらを擁してブンデスリーガを優勝に導いたドイツ人の名将 ユルゲン・クロップの戦術において極めて重要な役割を担う「 ゲーゲンプレス」。

>

【クロップ戦術】ゲーゲンプレスとは〜近代サッカーの3つのモデルとリバプールの可能性〜

あるいはタレントやお笑い芸人が同様の役を担ってきました。 「DAKE JA NAI テイジン」…じゃなかった伊達じゃないサッカーへの知識は、元日本代表で現解説者の戸田和幸さんの熱意を彷彿とさせ。 詳しくは後述するが、最もチームの連携と運動量が重要なモデルである。 できれば読んでほしい。 システムのかみ合わせや相手の戦術設定により、縦パスを入れられずに「 ボールを持たされる展開」が続くことがあります。 ゲーゲンプレッシングのプロセスの中で、型による違いを生む要素が2つある。

>

リバプール、クロップ監督の戦術「ゲーゲンプレス」の意味とは? 単なるカウンターではない新時代の戦術【ゲーゲンプレスの原点 前編】

その意味で現在、イングランドのフットボール関係者が、最大のライバル国であるドイツに戦術を学ぼうとしているのは、実に皮肉な現象だと言える。 同レポートは、UEFAのテクニカルディレクターであるアンディ・ロクスバラによってまとめられたが、彼はなんとオープンプレーから決まったすべてのゴールのうち、40%がカウンターからもたらされたとしている。 でも、ひとつだけ確かなことがあります。 ところがプレミアリーグの発足により、このトレセンは機能を停止してしまう。 今回は前編。 相手のミスを誘発させることができます。 それはつまり、 「相手がプレッシングをかけてこなければ成り立たない戦術」だということです。

>

リバプール、クロップ監督の戦術「ゲーゲンプレス」の意味とは? 単なるカウンターではない新時代の戦術【ゲーゲンプレスの原点 前編】

実際には各監督ともに部分的にそれぞれのモデルを組み合わせて使っていることが多い。 そして、相手が縦パスの出しどころがなく、だらだらと後方でパス回しを始めるようでしたら「 攻撃的2~超攻撃的」にして一気にハイプレスをかけます。 このコンパクトなブロックを作ることによって、ショートカウンターが決まりやすいミドルサードでのボール奪取を狙います。 リヴァプールとゲーゲンプレスの申し子 南野拓実選手が移籍したリヴァプールはまさに本記事の核である「ゲーゲンプレス」を主戦術としたユルゲン・クロップが率いるチームです。 まとめ ゲーゲンプレッシングへと移行する境目というのはハッキリとはせず、流動的である。 そんな状況で優先されるべきは全体のバランスよりも、プレスに行く選手の感覚だ。

>

【全文掲載】ミスは許されねばならない。ドルトムントに学ぶ「正しいミスの生かし方」(2)

自陣エリアからショートパスでゆっくりとつないでいくのは観ているぶんには楽しいですが、中途半端な位置でボールを奪われるのはとても危険です。 いかがでしたでしょうか? ゲーゲンプレスに象徴されるように、サッカーの戦術も時間と共に進化を続けているのだということ、ゲーゲンプレスとハイプレッシングには明確な違いがあったように、 一つ一つ物事の違いを正確にわかっていてこそ、それを使いこなすことができるのだと感じました。 赤チームの選手たちはこの時、ボールホルダーにはプレーできる2つのスペースがあることを認識しておく。 奪われたボールはゲーゲンプレスで奪い返せば良いのです。 だから、ボールを失っても、すぐに奪い返せるような攻め方をする。 彼らは 「スピード」と「運動量」という強力な2つの要素を生かすことで、守備時には前線からボランチ(アンカー)のようにパスコースを切ってボールを奪いにいきます。

>

「ゲーゲンプレス」とは?!意味や概要

ただ、今回の3トップは「ゼーマン」のときのような「 ウイングを起点にした連動した攻撃」ではなく、「 高い位置でのボール奪取からのスルーパス」からシュートまでの流れを増やせるように考えました。 いかにも、バイエルンであれば自国のリーグ内ではほとんどその様なことはないので安心である。 ゲーゲン gegen とは、ドイツ語で「カウンター」という意味を持ちます。 通常のプレッシングはあくまでそれぞれのフォーメーションを基準として、それを大きく崩すことなく圧力をかけていく。 今はボールを奪いに行くべきか、それとも一旦下がってからディフェンスしたほうがいいのか。 今回の戦術再現の狙いは「 カウンターでのスペースへの抜け出し」が鍵となるのですが 3トップの場合は抜け出すスペースを作るのが難しいのです。 高萩のパス。

>