徳島 県立 近代 美術館。 徳島県立近代美術館とは

徳島県立近代美術館「それぞれのながめ」開幕

事前相談が必要。 小・中・高生は、土曜日+休日+夏休み等は無料。 「二人」• 高校・大学生 - 450円• 既成のパネルがありますので、ポスターやシートを貼ってご利用ください。 」の言葉が響きます。 作品を鑑賞して、ハンドサインで思いを伝え合います。 特別企画展• 旧デジタルミュージアム• 展示室2 - 主に、所蔵作品の中から特集展示を行う。

>

ギャラリー

みんなで同じ方向に体を傾けると、まるで風にそよいでいるかのよう。 彫刻が皆さまをお迎えします ロビーではイギリスを代表する彫刻家ヘンリー・ムーアの〈着衣の横たわる母と子〉が皆さまをお迎えします。 「下着の裸婦」 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 視覚による鑑賞が前提の美術館にあって、手で触れたり言葉を介したりして作品を楽しめる鑑賞会を開催。 JR徳島駅より下車徒歩約35分、または「文化の森駅東」バス停から「市原」行きバスに乗車し「文化の森」下車。 展覧会について 出典: 徳島県立近代美術館 それぞれのながめ 近年、それぞれの表現に深まりを見せる作家たちの絵画作品を展覧し、「絵画表現とは何か」ということをじっくりと考える機会を持ちたいと思います。 最初の感想・評価を投稿してみませんか? (展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。

>

徳島県立博物館

・ギャラリー内に生花や鉢植えなどの生きた植物、生きた動物(盲導犬、介助犬を除く)、水、揮発性の物質、来場者に不快感や危険を及ぼす恐れがあるもの、公序良俗に反するものを持ち込まないでください。 【問い合わせ先】 徳島市営バス 徳島市交通局(088-623-2154)/徳島バス(088-622-1811) JR文化の森駅からバスをご利用. JR文化の森駅からは徒歩にてバス停「文化の森駅東」へ、「市原(国道55号バイパス(ふれあい健康館・富田橋通り)経由)」行きに乗車し7分、「文化の森」で下車。 、、、方面行きバスに乗車し「園瀬橋」下車、徒歩約10分。 月曜日(月曜日が祝日または振替休日にあたるときは、その翌日) 年末年始(12月29日~1月4日) 入館料 [ ]• 一般 - 200円• 利用案内 [ ] 開館時間 [ ]• 1階 - ギャラリー• 徳島県勝浦町で進めている発掘調査における新発見情報• 展示室1 - 主に、所蔵作品展を行う。 1990年に開館した徳島県立近代美術館は、現代美術の動向を国際的視野に立って把握できるよう、国内外の優れた絵画、彫刻、版画などを中心に収集している。 クイズをしたり探偵手帳にメモしたりする、やさしい内容です。 賞品をお渡しします。

>

徳島県立博物館

13年度からは視覚障害者が鑑賞できる方法についても模索。 ここでは、それぞれの画家たちが目指してきたことを踏まえ、その豊穣な絵画の世界に浸り、絵画表現を味わうという至福に気持ちを傾けたいと思います。 「大工」• この発見について東京大学で開催された日本古生物学会第169回例(2020年2月7日~9日)で発表を行いました。 飲食はギャラリー控室または3階エレベーターホールの休憩コーナーをご利用ください。 徳島県文化の森総合公園と県立近代美術館は平成2年11月3日にオープンし,今年で30周年を迎えました.これを記念して,20世紀のドイツ美術をテーマにした展覧会を開催します. 徳島県は,第一次世界大戦下の板東俘虜収容所におけるドイツ人捕虜と住民との交流を端緒としてドイツとの交流の歴史を深めてきました. それにちなんで,本展では,ドイツ人捕虜が制作したイベントプログラムやそれに影響を与えた当時のヨーロッパの美術をはじめ,20世紀にドイツで活躍し国際的にも注目されたクレー,カンディンスキー,エルンストらから現代の作家まで,当館を始め国内美術館の所蔵作品によってドイツの美術の魅力をご紹介します. また,徳島県と友好交流提携関係にあるドイツ,ニーダーザクセン州にあるシュプレンゲル美術館との鑑賞教育プログラムの交流成果を紹介します. 徳島市営バス 3番のりば 「文化の森」 行き直通バスに乗車し 18分,終点 「文化の森」 で下車. ・危険物携帯者や泥酔者、動物を伴う者(盲導犬、介助犬を除く)、美術館の秩序、風俗を乱す恐れがあると思われる者を入場させてはいけません。

>

徳島県の美術館

県立聾学校 現・徳島聴覚支援学校 での勤務経験がある亀井幸子係長の発案で、手話通訳付きの展示解説を行ったのがきっかけだった。 出品点数 45点 出品リスト 作品名 作家名 制作年 N. 視覚障害者が参加しやすい場を提供してきたほか、聴覚障害者に向けては手話による作品解説や筆談で語り合う鑑賞会を企画してきた。 以降、作品の前で鑑賞者が筆談で対話する「筆談トーク」を実施したり、聴覚障害者向けに美術館を紹介したウェブ動画を制作したりしてきた。 また、現代美術の背景となった近代の作品や、近代以降に活躍した徳島ゆかりの美術、現代版画などをテーマに作品を収蔵している。 5cmです。

>

徳島県立近代美術館とは

お気に入りの街や風景を見つける展示ストーリーにそって、密を避けながらコミュニケーションして、一緒に鑑賞する楽しさを広げたいと思います。 ギャラリー内での飲食はできません。 一般 - 200円• 1.徳島市営バス3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車し18分、終点「文化の森」で下車。 ( )内は団体(20名以上)等の場合。 企画展を 3Dで見る• 所蔵作品展• 徳島バス 4番のりば 「仁井田西」 行き,または 「佐那河内線 神山高校前」 行きに乗車し 16分、「園瀬橋」 下車.徒歩約 10分. 主な所蔵作品には、絵画に、パブロ・ピカソ「ドラ・マールの肖像」1937年、パウル・クレー「子供と伯母」1937年、ジュール・パスキン「下着の裸婦」1926年、三宅克己「ハンプステッド・ヒース(ロンドン)」1930年、広島晃甫「赤装女」1941年、伊原宇三郎「二人」1930年、前田寛治「大工」1927年、彫刻に、アリスティド・マイヨール「着衣のポモナ」1921年、荻原守衛「労働者」1909年などがある。 「下着の裸婦」 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

>

徳島県立近代美術館|せとうち美術館ネットワーク|本州四国連絡高速道路株式会社

パネルおよび吊り金具を含めて、利用者が用意してください。 好評だった 企画展を仮想体験!• 1階 - ギャラリー• 65歳以上の方で年齢を証明できるものをご提示の方および、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示の方とその介助をされる方1名は、観覧料が無料。 (設置台の数に制限がありますので、当日の催し物の数によってはご希望に添えないことがあります。 屋外展示場• 高校・大学生 - 450円• から「文化の森」行き、またはバイパス経由「市原」行きに乗車し約25分、「文化の森」下車。 これらの作品を所蔵作品展で定期的に展示替えをしながら展示するほか、特別展も開催。 【申込先】 徳島県立近代美術館(申込不要) 088-668-1088 【関連サイト】 徳島県立近代美術館. 「見える人たちがさまざまに口にする感想を聞くことで、自分の頭の中のキャンパスに絵が描かれていくのに感動した」と振り返る。

>

ギャラリー

・県立近代美術館ホームページに開催情報を掲出します。 一般 - 600円• 作品の前での経験が、私たちの人生をこれまでより美しく、輝かしいものにしてくれること、私たちの日常に多様な視点を示唆し、探究心をかき立ててくれること、私たちの生きる時間に希望や勇気を与えてくれること、そして芸術の存在がじつに身近であることに気づいていただければ幸いです。 芸術は多様な価値観を内包し、誰もが楽しめる表現活動だ。 3階 - 講座室、アトリエ、事務室• こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。 届いたお祝いの花等を飾るときは、ギャラリー入口脇の壁(室外)に沿って飾ってください。 屋外 - 創造の森 交通 [編集 ]• 小・中・高生は土・日・祝・振替休日、学校の春・夏・秋・冬休み期間は観覧料が無料。

>