胡蝶 蘭 増やし 方。 胡蝶蘭の育て方☆初めての手入れで多い、7つの勘違い

コチョウラン(胡蝶蘭)の育て方

花茎をお店で売ってっているように曲げられない・・・花茎は、柔らかい時期があっという間に過ぎます。 今後ともよろしくお願いします。 しかし葉の裏に付いていることが多いので、早急に発見するためにもできれば胡蝶蘭の葉は表も裏もチェックしてあげたいですね。 咲き方が均一でないのも温室なしの自家製ならでは。 胡蝶蘭の株の基本、子株を見分けよう 胡蝶蘭の鉢植えがある場合は、子株を株分けすることで増やすことができます。

>

胡蝶蘭の増やし方!株分けでしっかり増やすコツをご紹介!

sony a6000 photo by Yasunosukey 4、網を敷いた鉢に植えこむ。 黄緑色の針金のように細い1㎝未満の小さい虫です。 茎が育ちすぎていたら少し切り詰めて株姿を整えます。 完全に枯れるまで放置して取り除くとよいです。 広がっているということは光が十分でない状態なので、光の当たりを調整してあげるようにして下さいね。 大型の品種は特に、葉の育ちが悪く株が不十分だと花が出来ない傾向にあるように思います。 直射日光に弱い胡蝶蘭の鉢を、直射日光が当たる場所に置いていてはいけません。

>

【胡蝶蘭の花芽】根との見分け方・出てくる時期と作り方

逆に水の上げ過ぎで枯れてしまうことがあるくらいです。 害虫に栄養を吸い取られていては、花芽を出すだけの力が株にはありません。 八戸は冬が寒いのは当然としても梅雨期間も冷たく湿った海風が吹いて寒いので(宮沢賢治の言う「寒さの夏」です)、らんは神経を使います。 ページ数が大きいほど古いページです。 花はそのまま咲かせていると2カ月以上咲いています。 一般的に胡蝶蘭の株の植え替えは、胡蝶蘭が病気や害虫によって枯れてしまったり、病気になってしまった場合や翌年に向けて胡蝶蘭を咲かせるに行う作業となります。 水のあげすぎには特に注意しましょう。

>

胡蝶蘭は挿し木ができるの?どうすれば増やせる?

1ヶ月程度で成長を初め、子株に成りましたよ。 。 ひろしさん こたえ> これ、例の吹きさらしになってた株の一鉢なのですね。 水遣りと葉に付いたホコリ落としも兼ねてやっています。 肥料は花がまだ咲いていないこの時期は、1週間に1回洋ラン用の液体肥料を与えましょう。 でも、翌年花を咲かせるのは難しそうに思えませんか。

>

お気に入りの胡蝶蘭を株分けで増やそう!

ですが、その後の管理が大切になってきます。 残念ながらどのようにして子株ができるのかもまだわかっていません。 といっても胡蝶蘭はあまり肥料を必要としません。 先述の通り、花芽を出す為には元気は葉が最低でも3枚は必要です。 鉢から取り出した株から、 ピンセットなどで水苔を取り除く。

>

お気に入りの胡蝶蘭を株分けで増やそう!

但し、 肥料を使用する場合は、必ず使用方法に従ってあげてください。 フザリューム菌による立ち枯れ病 フザリューム菌はカビの一種類で、これが繁殖すると葉が黄色くなっていきます。 その中で二回目のお花を咲かせたことは環境が整っていると考えられます。 ハダニは胡蝶蘭に供給される栄養素を横取りして胡蝶蘭の成長を阻害するだけでなく、最終的に枯らしてしまう原因にもなるので早めに対処しましょう。 普段は厚い胡蝶蘭の葉が薄くなっていっている、これはつまり水か栄養素が不足しているということになります。 胡蝶蘭は熱帯雨林が原産であり、他の樹に着生して根や葉から水分を吸収しています。

>

株を分けて大切な胡蝶蘭を増やしてみよう!上手な胡蝶蘭の増やし方

根に気を付けながら切り離してください。 植え替えの手順は、中の発泡スチロールを抜き、古いミズゴケをすべて外し、新しいミズゴケを丸めて根の下に入れ、外側をミズゴケで巻き、新しい鉢に植え替ます。 また気温も関わりますので暑くなる7月には同じ条件でも焼け気味になる場合も考えられます。 うちの大部分の植物は歴代の猫たちの被害に遭っています。 最初の蘭を咲かせたことにより、その後、贈答用の花が終わると私の所へやってくるようになりました。 直射日光は避けてくださいね。 胡蝶蘭が株分けできる、ふたつの方法を紹介しました。

>

胡蝶蘭の増やし方!株分けでしっかり増やすコツをご紹介!

sony a6000 photo by Yasunosukey 2、ミズゴケを丸めて根の中に入れます。 普通の花の様には考えず、厚みのあるツヤツヤした葉としっかりした株ではないようなら、3本付いた花芽のうち2本は諦めて、1本に栄養を集中させた方が多くの花を見ることが出来ます。 温度条件などによると言われていますが、 あまり期待せず、胡蝶蘭の調子に 任せましょう。 本来花が咲くところに新芽が出来ることがあります。 美観さえ厭わなければ、好きに伸ばさせておくのが一番です。 このため野外に置いておくと発生しやすいです。 近所の喫茶店で、世話をされている様子もなく外に出されている蘭があり、『可愛そうだなあ~』と母に話したことがきっかけで、回りまわってその蘭が我が家にやってきたのです。

>